TOP > 注文住宅の着工前には契約書と見積書を確認しよう

注文住宅の着工前には契約書と見積書を確認しよう

注文住宅を建てるときは、ハウスメーカーなどの建築会社に依頼をして、担当者と相談しながらプランを立てていくことになります。


着工の段階に入ると、工事請負契約を締結しますので、契約書の確認が大切になります。契約書は量が多いですので、契約の当日に確認することは難しいと言えます。


そのために事前に書類のコピーを受け取っておいて、目を通しておくことがおすすめです。契約書を読んで気になる点があるときには、担当者に問い合わせておく必要があります。

枚方の不動産のお役立ち情報はこちらのサイトです。

注文住宅では建て主の意向を強く反映させる住宅となりますので、欠陥や不具合が発生したときの部位における保証期間について確認しておくことがおすすめです。


また、注文住宅は着工してから完成までに一定の期間がかかりますので、工期が遅れたときに備えて違約金が発生するかどうかの取り決めをしておく必要があります。



完成した時点や引き渡しの前に住宅や部材に損害が生じたときや、図面どおりに施工が行われていないことがわかったときには、やり直しの工事を請求することになります。
瑕疵が見つかったことになるやり直し工事の費用は、請負業者が負担して、さらに工期が延長されないように取り決めを交わされているか確認しなければなりません。
見積書には注文住宅の建設にかかる総工事費が記載されており、その内訳と明細書が添付されます。
工事費の内訳に関しては業者によって表記の方法が異なることが考えられますので、誤りや疑問点がないかチェックしておくようにしましょう。